ミノキシジル タブレット 個人輸入



ミノキシジルタブレットの個人輸入についての注意点です。
言葉だけ聞くと難しそうな個人輸入ですが、意外に簡単です。
TOP ページ
ミノキシジルタブレットの種類
ミノキシジルタブレットの初期脱毛
ミノキシジルタブレットの個人輸入
ミノキシジルタブレットの個人輸入
リンク集とお問い合わせ

「ミノキシジルタブレット通販前の注意点」トップ > ミノキシジルタブレットの個人輸入について

ミノキシジルタブレットの個人輸入について

ミノキシジルタブレットについて色々と調べていて、
いざ購入の段階にくると「個人輸入」なんて言葉を目にするようになります。

ミノキシジルタブレットは日本の多くの病院でも処方しているようですが、
処方されるミノキシジルタブレットのネックはやはり値段が高いということ。

個人輸入することにより、海外で売っている安価なミノタブを購入できます。

ただし、個人輸入と聞くとなんだかとても難しいような感じがします。
たしかに、海外の業者と直接やりとりをして個人輸入をするのは、
言葉などの問題もあり難しいかもしれません。

ただし、「個人輸入代行業者」というものが存在しており、
業者を介してミノキシジルタブレットを手に入れるのは思った以上に簡単です。
普通の通販サイトでものを買うのとほとんど変わりません。

当サイトがおすすめしている輸入代行業者はオオサカ堂です。
オオサカ堂について詳しくは、直接サイトをご覧になってください。
オオサカ堂

※サイトに移動後、検索窓に「ミノキシジルタブレット」と入力すると、
数種類のミノキシジルタブレットが出てきます。


ミノタブ個人輸入代行の上での注意点

上記オオサカ堂でご購入頂く場合、いくつか注意点があります。

ミノキシジルタブレットをはじめとして、海外の医薬品を購入する際は、
「薬事法」という薬の取り扱いに関して決められている法律が関わってきます。

まず、ミノキシジルタブレットでは日本では未承認薬です。
未承認薬というと、危険な薬のように思われがちですが、
ミノキシジルタブレットに関しては日本人でも多くの方が服用しています。

ただし、未承認薬の情報を不特定多数に公開することは薬事法上禁止されています。
オオサカ堂では購入の前にそのことに関する確認を行う必要があります。

ミノタブの個人輸入は違法?

ここまでミノタブに関する説明をしてきましたが、
そもそもミノタブの個人輸入は違法ではないのか?
そういった疑問を持つ方も中にはいらっしゃるでしょう。

ただし、先ほど説明した「薬事法」の中では、
医薬品、医薬部外品、化粧品又は医療機器を個人で使用する場合は原則として、
地方厚生局に商売のための輸入ではないことの証明を受ける必要があります。

しかし、ミノキシジルタブレットの場合、
用法用量が2ヶ月分以内の場合はその必要がありません。

オオサカ堂での個人輸入代行は2ヶ月分以内の容量しか購入できないため、
購入したものを再度商用として売ったりしなければ違法にはなりません。


つまりオオサカ堂の利用は法律上は、まったく問題がないです。